チャットでお部屋探しが出来るおすすめサイト!手軽に賃貸検索ができる口コミでも人気の賃貸情報サイトをご紹介します!

賃貸情報サイトで見つけた賃貸物件は必ず見に行こう

マンションやアパートを借りたい場合、今ではインターネットを使って探すことが当たり前と言っても良いかもしれません。

もちろん、街中にある不動産屋を利用する人もまだまだたくさんいます。

どちらであっても賃貸物件を探す際には、必ず物件を見学することが重要なことには変わりありません。

どんな場所にあるのかを知ることから始めましょう

駅から近い方が良い、商店街やスーパーなどが近所にあると便利と言うように、単に部屋を探すと言っても、その環境はとても大事です。

そこで暮らすと言うことは、ずっと部屋の中にいるだけではなく、外に出ていろいろな活動をするので物件の近くに何があるのかを知っておくことがとても大事です。

通勤や通学の際には公共交通機関を利用することが考えられますので、駅やバス停からどれくらいの距離にあるのかは調べておく必要があります。

家賃が安くてもあまりにも駅やバス停が遠い場合は大変でしょう。

小さい子供がいるのならば、保育園や幼稚園が近くにあった方が良いですし、小学校や中学校も近い方が良いです。

医療機関があることも重要で、小児科やこれから出産を考えている人ならば産婦人科があった方が助かります。

実際に足を運ぶことでわかることはたくさんありますが、賃貸物件の周りに何があるのかと言う情報も知ることができます。

忙しい人も多いですが、契約を交わす前にどのような場所にあるのかを調べておいてください。

間取り図だけではわからないことを調べましょう

間取り図や写真などを見ると素敵な部屋だと感じるかもしれませんが、実物を見てみると印象が変わることもあります。

写真を見ると広く見えるけれど、足を運んでみると想像よりも広いとは感じなかったり、家具を置いた時のことを考えると広さが足りないと感じることもあるかもしれません。

台所に立ってみて、使い勝手が本当に良いのかを考えることも必要です。

毎日のように調理をする人であれば、これは決して軽く見ることはできず、できるだけ快適に調理できる賃貸物件を選ぶ必要があります。

子供がいるのならば、台所からリビングにいる子供を見ながら調理できた方が良いなどいろいろな要望があるはずです。

間取り図を見ただけでもある程度のことは想像できたとしても、実際に足を運ばないと難しいでしょう。

トイレやお風呂など他の部屋もそこに行かないとわからないことは山ほどあります。

部屋の中でどうやって生活するのかを想像しながら歩き回ることもできます。

洗濯をした際に、洗濯機からベランダに行くにはどれくらい時間がかかるのかを確かめてみるのも良いのではないでしょうか。

収納スペースがどれくらい広いのかを確かめて、今ある荷物が全部入りそうかどうかを確かめることも必要でしょう。

間取り図を見て、写真も確かめてここが良いと思っても、実物を見て他の部屋を探そうと思うことは決して珍しいことではありません。

百聞は一見に如かずというほどですし、自分が生活する場所だからこそ実物を見ることが特に重要です。

どこにも書いていない情報を見つけられます

間取り図や写真などホームページなどに記載されている情報はたくさんありますが、それだけではわからないことはまだあります。

日当たりが良いのかどうかは実際に賃貸物件に行ってみないとよくわからないでしょう。

隣の建物がかなり近くにあるために、あまり日が当たらないこともあるかもしれません。

幹線道路が近くにあったり、線路があまりにも近くにあるために、窓を開けると騒音などで大変な思いをする可能性もあります。

ずっと窓を閉めておかなくてはならないことがあるかもしれません。

昼間にだけ足を運ぶのではなく、夕方だとか違う時間帯を狙って複数回足を運んでみてください。

時間帯によって日の当たり方が変わるだけではなく、たまたま最初に行った時は近所が静かだったけれど、他の時間帯は騒がしいことがあるかもしれません。

必ずしもずっと同じ状態とは限らず、時間帯によっても部屋の印象が変わりますので、1回だけで見学を済ませないようにしてください。

最低でも2回は全く違った時間帯に足を運んでここで安心して暮らせるかどうかを確かめておきましょう。

騒音問題は特に考えなくてはならず、隣の部屋の音がどれくらい漏れるのかも確認してください。

隣の部屋の音が聞こえると言うことは、自分の部屋の音もそれだけ隣に漏れていると言うことです。

隣の人が在宅の時間帯に一度は見学に行くようにしてください。

 

実際に見学に行かないとわからないことはこれらの他にも共用スペースがあります。

共用スペースがきちんと掃除されているのか、電灯が切れていないかなども確認しておくと安心できます。

たくさんのことを確認しなくてはなりませんので、事前にどこをチェックしておくかをメモにしておき、見学に行った時にメモを見ながら確認すると確認し忘れることがなくなります。

生活をする拠点となる場所ですから、些細なことまで確認してから契約するかどうかを判断しないといけないので、1回で確認できない場合は何度も確認のために行ってみてください。

サイト内検索
賃貸情報関連コラム